スマートフォンを解約すると、使用料金はどういう計算になるの

こんにちは、ライターのウィズです。

今回はスマートフォンの契約解除について紹介いたします。

契約解除には、各キャリアのルールが存在します。

 

ですから、皆様がどのキャリアに契約しているかを考えながら、記事を読み進めてみてください。

私の場合は、10年間ドコモを利用しておりました。

しかしauの魅力的なサービスに押されてしまい、今では家族揃ってauユーザとなっております。

なるべくえこひいきしないように、中立な立場で記事を掲載させていただきます。

 

この記事では以下の事が理解出来るように意識しています。

・各キャリアごとの解約したときどうなるの。
・各キャリアの違約金について。
・その他の注意点。

上記内容を理解できるように具体的に掲載させて頂きます。

どなた様もゆっくりと読み進めて見てください。

 

また、今回の記事については、以下の知恵袋サイト内容となります。

ベストアンサーが気になったので、もう少し掘り下げてみようと言うことで話題にさせていただきます。

 

◆参考サイトURL
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12203364597

 

■質問

au のスマホを解約すると、解約した月の使用料金は『日割り計算』になりますか?

 

■ベストアンサー

なりません。

au解約月の料金は日割りにならず1ヶ月分が請求されます。

 

 

各キャリアごとの解約したときどうなるの。

スマートフォンを解約するといっても、キャリアによって注意しなければならない。

スマートフォンを解約するときには、ご契約のキャリアの内容を確認することが必要です。

 

また、基本的にはどのようなことに注意しなければいけないのか、ということも紹介させていただきます。

 

これまで愛用していたスマートフォンですから、解約するときにはたくさんのことをしなければいけません。

ijmaki / Pixabay

 

 

ポイントが消失

せっかく貯めていたポイントがなくなってしまった!ということにもなりかねません。

もっとも注意をしなければいけないのは、各キャリアが用意しているポイント制度です。

 

ポイントは、自分の好きな商品をお買い物できたりしますから、たくさん溜まっている方はなるべく使い切るようにしましょう。

 

そしてスマートフォンを解約することによって、たまっていたポイントの扱いがどうなるかについても紹介させていただきます。

各キャリアごとに、できるだけ詳しく掲載させていただきますので、どうぞ読み進めてみてください。

mohamed_hassan / Pixabay

 

 

ドコモのDポイント解約したら?

dポイントはなくならない
dポイントのしくみで解説したことを振り返ってみましょう。

従来のポイントカードだと、「指定のサービスを利用している場合のみポイントが付く」というしくみでしたよね。

その点、dポイントは、ドコモユーザーでなくてもポイントが付与されます。

つまり、ドコモの携帯電話を解約してもdポイントはそのまま残せるということです。

引用サイト → スマホのススメ様

「Dポイント」の画像検索結果

 

auウォレットポイント解約したら?

au WALLET プリペイドカードはau携帯サービスをご解約後も引き続きプリペイドカードとしてご利用いただけます。
※弊社サービスご利用料金に応じたau WALLET ポイント付与等の特典はなくなります。

引用サイト → au公式HP様

「auウォレットカード」の画像検索結果

 

ソフトバンクポイント解約したら?

ソフトバンクポイントは消滅します。Tポイントは、Tカードとの連携(個人契約)/Yahoo! JAPAN IDの登録(法人契約)をしていれば、消滅しません。

引用サイト → ソフトバンク公式HP

「ソフトバンク 」の画像検索結果

 

 

各キャリアの違約金について。

そしてスマートフォンを解約すると言う事は、違約金が発生する場合があります。

契約の際に説明をされていたとは思いますが、各キャリアのルールに沿った形で違約金が発生する場合があります。

 

もちろん違約金が発生しない形で解約することもできますので、キャリアごとに内容を紹介させていただきます。

mohamed_hassan / Pixabay

 

ドコモの違約金について

契約満了月の翌月、翌々月(2019年3月以降は、契約満了月の当月、翌月、翌々月)以外でのご契約回線の解約、料金プラン変更、FOMAへの契約変更を行う場合は、下記「解約金一覧表」に記載の解約金が必要となります(下記の(1)(2)(3)の場合を除く)。
なお、プラン変更と同時に「ハーティ割引」のお申込み、契約変更と同時に「定額データ スタンダード割」のお申込みをされる場合、「Xiデータプランにねん」の解約金はかかりません。ただし、FOMAの定期契約期間は引き継ぎされません。

引用サイト → NTTドコモ公式HP様

 

auの違約金について

2年契約/1年契約は、年単位の継続契約を条件に、基本使用料を割引くサービスです。
そのため、更新月/更新期間以外で解約・一時休止・割引の廃止を行うと、契約解除料が発生します。
■2年契約の契約解除料: 9,500円
■2年契約(自動更新なし)の契約解除料: 9,500円 ※3年目以降は契約解除料がかかりません。
■1年契約の契約解除料: 3,000円

※機種変更では解除料はかかりません。

引用サイト → au公式HP様

 

 

H3:ソフトバンクの違約金について

解約する際の契約解除料はいくらですか?
ご契約内容により異なります。契約更新月以外に解約すると、4,000円から10,000円がかかります。また、携帯電話機を「スマート一括」でご購入の場合、別途、契約解除料が必要になる場合がございます。

引用サイト → ソフトバンク公式HP様

 

 

 

その他の注意点。

ここまで紹介させていただいたこと以外に、注意点が他にも存在します。

注意点といっても多岐に渡りますので、今回は代表的な注意点として2つ紹介させていただきます。

 

これらのことを忘れないように確認しておきましょう。

そうすれば、損をするようなことがないと思います。

sasint / Pixabay

 

 

お財布携帯未対応のキャリアもある

まずは、おサイフケータイが対応されていないキャリアも存在するということです。

もし、今お使いの携帯電話が、お財布ケータイに対応している場合、解約するときには注意が必要です。

次に使うスマートフォンでも、お財布携帯機能を使いたいはずです。

 

ですからお財布携帯機能があるキャリアを選定することが必要だと思います。

お財布携帯対応機種については、沢山存在しますので、以下リンク先から機種確認をしてください。

 

 

ドコモ お財布携帯対応一覧

NTT docomo

参考サイト → ドコモ公式HP様

 

 

ソフトバンク お財布携帯対応一覧

ソフトバンク

参考サイト → ソフトバンク公式HP様

 

 

au お財布携帯対応一覧

au

参考サイト → au公式HP様

 

 

キャリアメールが消える

当たり前のことではありますが、各キャリアからもらっていたメールアドレスは廃止となります。

そのためたくさんのサービスを携帯電話のメールを使って登録していた場合、注意が必要です。

 

具体的にはインターネットサービスのログインメールアドレスを、各キャリアのメールアドレスにしていた場合です。

さらに、インターネットサービスのお知らせメール送付先が、携帯電話のメールアドレスになっている場合は特に注意です。

 

インターネットサービスがお知らせメールを送付しても、携帯電話のメールアドレスがなくなっていた場合、メールが届く事はありません。

 

その場合あなたにメールが届くことがありませんので、インターネットサービス業者からの連絡が取れないことになります。

ですから事前にインターネットサービスのメールアドレスは、パソコンなどのフリーのメールアドレスに変えておくことをお勧めいたします。

 

インターネットサービスとはたくさんあります。

例えば、
FXブローカー
Dropbox
SNS
サーバーやドメイン業者
銀行

 

このようなインターネットサービスを利用するときに、キャリアメールアドレスを設定するのは危ないと言う話です。

解約するときにはこの辺も注意しながら解約するようにしましょう。

MarkRoesler / Pixabay

 

 

まとめ 解約時には多岐にわたる事前注意が必要

今回ご紹介させていただいたように、携帯電話を解約するときにはとても注意することが多いです。

抜けがないように事前にたくさんのことを調べて解約することをお勧めいたします。

 

ここに紹介させていただいたこと以外にも、注意しなければいけない事はたくさんあります。

ですから解約する予定の月の、1ヵ月ぐらい前から準備をされるのがよろしいでしょう。

ここまでお読みいただいてまことにありがとうございました。

Free-Photos / Pixabay

ウィズ

この記事を書いたライター 【ウィズ】 在住:横浜市 性別:男 年代:イエローモンキー 全盛期 趣味:鍋 【実績】 並行輸入業界、通史販売物販業界、整体施術業界など、幅広い業界に精通している。 独自のビジネス観点から、自由自在にライティングする様から「歩く記事生成器」と言われている。 また、ウィズダム最前線ブログのライター全員とプライベートでも仲が良い。 ウィズの詳細情報についてはこちら

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です