転職活動において面接の心得

景気が良い日本。

求人も多いので、転職しようと思っている方も多いのではないでしょうか。

こんにちは。

うのまです。

 

転職活動の面接で悪い印象を与えないようにと悩んでいるあなたには、とても素晴らしい情報です。

 

今回の記事は、

・離職期間の説明に困った。

・面接官に悪い印象与えてしまったらどうしよう。

 

そんなふうに悩まれている方のためにご紹介する記事となります。

この記事を読むことで以下のことが理解できるようになります。

・ハンデがある転職活動を考える
・中途採用でも合格する面接テクとは
・面接でやってはイケナイNG事項

 

以上のことを理解することで、転職活動の面接で心配することはありませんね。

それでは具体的に説明させていただきますので、ゆっくりと読み進めてみてください。

 

■今回の参考サイト

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14203428429

 

■質問内容

転職活動においての面接についてです。

面接があるのですが、離職期間が約2年あった時期があります。その間は、英語関係の仕事につきたくてある語学学校に通っていたのですが試験におちてし
まい、そのあと職業訓練でパソコン教室に行っていました。その後今の職場についたのですが、パソコンや英語関連の仕事ではありません。
この期間について、面接官の方に悪い印象をあたえずに伝える方法が思いつかずに困っています。ご協力お願いします。

 

■ベストアンサー

いや、むしろその事実をありのままに話したほうがいいですよ。
着飾って何かいうよりも全然いいです。

ありのままのことを伝えて落ちたなら
いい方を変えたとしても結果は同じです。

どんな事実でも自分をすきでいてくれる会社が
きっと働きやすいですよ

 

 

ハンデがある転職活動を考える

そもそもどうして離職期間は面接でハンデに思われてしまうのでしょうか。

 

人それぞれ理由があって発生してしまうのが離職期間。

決して無駄な時間を過ごしているのではないと私は理解しています。

 

ハンデをどのように考えるかで、ある程度の解決策が見えてくるのではないでしょうか。

ijmaki / Pixabay

 

どのくらいの離職期間がハンデとなるのか

現在の仕事をしている間に、次の転職先を決めたような場合は離職期間が発生しません。

しかし、会社を退職してから転職活動を行う場合は、離職期間ができてしまいます。

 

まず、一般的に転職活動を行う場合、転職にかかる期間として3ヶ月と言われています。

3カ月位の離職期間は問題ありません。

 

ですが、半年を超える離職期間がある場合は、面接で理由を聞かれる可能性が高くなります。

 

それは、あなた自身に何か問題があるのではないか、と思われてしまうためハンデとなります。

ijmaki / Pixabay

 

ハンデをプラスに考える

離職期間があるからといって、必ずしもハンデとなるとは限りません。

離職期間ができた理由によっては、転職にプラスになる場合もあります。

 

例えば、

スキルアップのために資格取得

と言う内容であれば高く評価される可能性は十分にあります。

 

その内容を、仕事でどう活かすことができるのかということを面接で話すことができればハンディをプラスに変えることができます。

Free-Photos / Pixabay

 

中途採用でも合格する面接テクとは

ただ何も考えないで面接を受けに行くのと、面接テクを考えてを受けに行くのでは面接結果は変わります

私は面接に行くと、とてもドキドキしてしまい、とても嫌です。

ですから、面接にどのようなテクニックを備えておけば良いのか、今回調査してみました。

Free-Photos / Pixabay

 

面接官があなたに聞きたい質問対策

中途採用では、面接時に臨機応変な対応ができるかということをチェックされることが多いです。

事前準備をしっかりとして、面接前挑むようにした方が良いです。

 

また、よく質問される事項をあげてみました。

・転職する理由を教えてください

・なぜ当社を希望するのですか

・あなたの長所短所はなんですか

・当社に入社した後やりたいことは何ですか

以上の事は、履歴書で記入されるかと思います。

 

しかし、この内容は面接官が内容を、掘り下げて質問してくる可能性があります。

あらかじめ自分を分析し、説明できるように話す内容を準備しておく必要があります。

 

身だしなみの心得を知っておく

転職活動の服装として理想的なのは、やはりスーツスタイルです。

ですがリクルートスーツは、どうしても学生の定番と言う印象があります。

 

転職活動ですので、あなたは学生とは違います。

スーツの色はグレー系やネイビー系にしてみるのがお勧めです。

 

荷物を入れたりするバックは手持ちのものが良いです。

最低限A4サイズの書類が入るビジネス用のバックを用意するようにしましょう。

 

面接は相手に自分を判断していただく場です。

相手に失礼がないようにアクセサリー類と髪の色は特に注意が必要です。

 

アクセサリー類はつけすぎや目立つものは避けるようにしてください。

髪の毛は派手な色に染めたりしないようにしてください。

Free-Photos / Pixabay

 

面接でやってはイケナイNG事項

面接は初対面の方とお会いすることになります。

ある程度の礼儀は知っておかないと恥ずかしいです。

 

そう考えた私は面接でやってはいけない事項を調査することにしました。

以下のことを知ることによって、面接に失敗しないと言うことにつながると思います。

 

ここでも具体的に説明させていただきますので、ゆっくりと読み進めてみてください。

samuelchavelas / Pixabay

 

自分の表情と視線に意識して

自分の表情が暗かったり、話すときに面接官ではなく下を向いて話したりするのはNGです。

 

自分の表情や視線は、面接官与える印象と言う意味では、面接においてとても重要です。

ですので、明るい表情を作り話をするときは面接官の目を見て話すようにしましょう。

 

どうしても面接官の目を見て話すことができない方は面接官の口や首のあたりを見て話すのも大丈夫です。

RoyalAnwar / Pixabay

 

挨拶について

社会人にとって挨拶ができないのは、とてもNGです。

しっかりと挨拶ができない人を採用する会社はありません。

 

ですので面接の際には必ず面接官へ挨拶を忘れないようにしなければいけません。

大きなマイナスの印象を与えることにつながってしまいます。

mohamed_hassan / Pixabay

 

まとめ 転職活動の面接で悪い印象を与えないようにと悩んでいても、合格する面接テクを身に付けてしまえば心配ありません。

合格する面接テクを身に付けてしまえば問題ありません。

 

さらには、そもそも面接やってはいけないNG事項に気をつけて面接に挑めば良いのです。

 

就職活動の面接で悪い印象を与えないようにと悩んでいる方にとっては、今回の記事はとても参考になったのではないでしょうか。

ここまで読み進めていただき誠にありがとうございました。

mohamed_hassan / Pixabay

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です