バイトを辞めるための連絡はいつまでにするの?

 

雇用側が了承するなら、バイトを辞めたい当日に辞める旨を伝えても問題ありません。

こんにちは。

うのまです。

 

春も近づいて、暖かくなってきましたね。

そろそろ学生さんは卒業シーズンですね。

 

そんな学生さんもアルバイト生活から社会に出る時期を迎えているのではないでしょうか?

 

今回はインターネットを見ていたら、アルバイトの辞め方について悩んでいる質問を見かけました。

◆参考URL

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12201575507?__ysp=44OQ44Kk44OIIOi%2BnuOCgeOBn%2BOBhCDjgYTjgaQ%3D

 

◆質問

バイトを辞めたい場合いつまでに連絡すればいいでしょうか

私はアルバイトをしています
ですが、最近辛くなってきてしまったので出来れば今月いっぱいで辞めたいな、と考えています
また、
電話での連絡でも大丈夫なのでしょうか

 

 

◆ベストアンサー

質問者さんが結んでいる契約内容や社則にもよります。

『いつまでに~』と言うよりも、
辞めたいならさっさとその意思を伝えて
「出来るだけ早く辞めたいけどいつ頃なら大丈夫か」
みたいに相手と話し合う気持ちも持っておく方が
話がこじれにくいと思います。

勿論一方的に相手に合わせろと言ってる訳じゃなく、
こちらの事情とあちらの事情を
照らし合わせた上で互いの妥協点を探して行く感じでね。

先の方も仰る通り、
常識的・礼儀的には直接伝える方が良いと思いますよ。

 

このようにアルバイトの辞め方について、困った質問がきていました。

ベストアンサーの内容も良いのですが、もう少し掘り下げていきたいと思います。

 

・辞めると伝えるのはいつ?
・そもそもどうして早めに伝えるのか?
・円満に辞めるための2つのポイント

 

上記の3つのことを理解すれば、アルバイトの辞め方についてしっかりと理解することができます。

今回もできるだけ質問者の聞きたい事を詳しく掲載させていただきますので、ゆっくりと読み進めてみてください。

 

辞めると伝えるのはいつ?

アルバイト先の雇用側に辞める旨を伝えるのに、民法で定められています。

 

ですが、そうは言えない時もあると思います。

辞めるタイミングをしっかりと伝えることにより雇用側とのトラブルを防ぐことにつながります。

 

実際にはどうしたら良いのかを、ご説明させていただきます。

succo / Pixabay

 

民法では2週間前

民法627条にこんなことが書かれています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

とありますが、そんな事はありません。

 

必ずしも2週間前に申し出る必要はありません。

雇用側の了承が得られれば、アルバイトを辞める当日に申請しても問題ありません。

 

つまり、実際は当日に辞めることも可能なのです。

witwiccan / Pixabay

 

事情がある場合は早めに直接相談

事情がある場合は、バイト先でも急に辞められても困るのでとにかく早めの相談が必要です。

 

例えば、自分が病気や怪我などをしてバイトに行けなくなってしまったなどと言う場合があります。

必ず店長などバイト先の偉い人に直接会って相談しましょう。

そしてバイトをいつ辞められるのか、判断をしてもらってください。

 

重要な相談ですので、電話やLINEで済ます事はしないことをお勧めします。

nastya_gepp / Pixabay

 

そもそもどうして早めに伝えるのか?

バイト先に欠員が発生した場合は、新たな人員を確保する必要があります。

人員に余裕を持っている職場は少ないはずです。

 

急に人がいなくなっては困るのです。

 

あなたがバイトを辞める前に、雇い側もやることがあります

 

雇い側の立場になって少し考えてみましょう。

coffeebeanworks / Pixabay

 

仕事の引き継ぎ

もしあなたに担当業務があったのなら、必ず引き継ぎを行います。

1日であなたの行っていた業務内容を引き継ぐ事は難しいと思います。

 

しっかりと引き継ぎを行うことで、一緒に働いている方の負担を減らすことができます。

そのバイト先に残るスタッフのことも考えてください。

 

辞める時期を早めに伝えておくことにより、仕事の引き継ぎも早めにすることができるのです。

ermakovasve / Pixabay

 

人員の補充

あなたがバイトを辞めると分かった時点で、バイト先では新しい人を雇う準備をしなければいけません。

 

雇う側には、やることがいくつかあります。

・求人雑誌やインターネットの求人情報に募集を出す。
・求人募集に応募してきた応募者と、面接を行う日を調整する。
・求人募集に応募してきた応募者と面接を行う。
・応募者の採用するか判断をする。
・応募者に採用連絡をする。
・応募者の出勤日を調整する。

以上のことがあり、新しい人に来てもらうにも最低1ヵ月近くかかります。

 

応募者の中には、出勤日までも決めても来ない場合もあります。

ここでもわかるようにあなたが辞めると言った時点で、新しい人に来てもらうにもこんなに時間がかかるのです。

 

円満に辞めるための2つのポイント

円満にバイト先を辞めるには、やめる理由と必ず感謝の気持ちを伝えて下さい。

 

お世話になったバイト先を辞めるには、誰もが後ろ髪を引かれる気持ちになると思います。

しかしそれは、あなたにとって新しい道に進むためです。

 

ここでも、具体的にご説明させていただきます。

Prawny / Pixabay

 

同僚、上司等に引き止められた場合の対処法

同僚や上司に引き止められた場合でも、辞める意思をつき通してください。

いつまでに、こう言う理由で辞めると言う事をはっきりと伝えることが必要です。

 

世間は狭いのでバレるような嘘を理由にするのは避けて下さい。

万が一それが、辞めると伝えて引き継ぎのタイミングでバレた場合、円満に辞められません。

自分が損することにつながります。

 

やめる理由は選ぶ必要があります。

 

例えば
・就職が決まったので
・引っ越しをするので、ここまで来るのが厳しくなる
・家庭の事情で

以上のようなことで、変にごまかさずに理由を伝えるのが無難です。

FotografieLink / Pixabay

 

お世話になった人に感謝を伝える

円満にバイトを辞めるにも、お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えて下さい。

 

後腐れなく、お互いが気持ちよく最後を迎えられる事は1番良いです。

 

長い間勤めて大変お世話になった職場であれば、最後の出勤日に菓子折を持って行って挨拶するのも良いです。

菓子折は、あくまでも気持ちなので金額が高いものを持っていく必要はありません。

 

最後の辞め方がしっかりとしていれば、みんなも自分も嫌な思いをすることをがなくなります。

rawpixel / Pixabay

まとめ バイトを辞めると決心したら直ぐにでもバイト先の偉い人に直接会って伝える

バイトを辞めると決心したら、すぐにバイト先の偉い人に直接会って伝えるようにします。

また、同僚や上司の方に迷惑をかけないように引き継ぎをしっかりと行うようにします。

私の経験なんですが、引き継ぎの内容はノートに残すということを、過去にしたことがあります。

参考にしてみてください。

 

ここまで読み進めていただき誠にありがとうございます。

geralt / Pixabay

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です