【パン 保存】長持ちさせるには冷蔵庫ではいけないのか?

パンの正しい保存方法は冷蔵庫ではありません。

 

こんにちは。

うのまです。

最近は少しずつ暖かくなってきたのかなぁと思います。

 

こんな季節の変わり目で寒暖差が激しく、体調を崩さないように注意をしなければいけませんね。

そのためにも食事はしっかりと取るようにしたいです。

毎日の朝食でパンを召し上がられる方も多いのではないでしょうか?

 

インターネットを見ていたら、以下のような気になる質問を見つけました。

◆参考URL

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1117680546

◆質問

パンを冷蔵庫で保存してはいけないのですか?長持ちしそうなんだけど、食べるとおいしくないような気がします。

 

◆ベストアンサー

パンというのは食パンのことですか?菓子パンとかだったら話がそれるかもしれませんが・・・

食パンの保存は冷凍庫です。なぜなら含まれる水分の問題です。
冷蔵庫であればやはりこの水分が飛びますし痛みます。
これが冷凍庫であればもろとも凍らせることになりますから痛みもぐーっと押さえられます。

まあ、でもヤッパリ買ってそんな保存をしないほうが美味しいですけど
私は1斤買っても食べきるのに数日かかりますので、だいたいすぐ冷凍庫行きです。

菓子パンとかそういうパンには冷凍したことがないのでお答えできません。

 

「ちょっと間違った方法で保存していたかも。」

と言う方もいらっしゃるのではないかと思い、今回はこのような質問にお答えしていきたいと思います。

 

・パンを保存するときの2つのポイント
・パンを長持ちさせるための保存方法

 

以上の2点を、できるだけ詳しくご説明させていただきます。

どうぞゆっくりと読み進めてみてください。

 

パンを保存するときの2つのポイント

パンはキッチンの片隅に置くのではなく、最適な保存の仕方があります。

 

パン屋さんで「おいしそうな匂いにつられてついついパンを買いすぎてしまった」と言う経験はありませんか?

そんな時に食べ切れないからどうしようと思ってしまいます。

 

ここでは知っているようで知らないパンの正しい保存方法をご紹介させていただきます

パンが売られている様子

パンが売られている様子

 

冷蔵庫でパンを保存してはいけない

水分の蒸発が速くなり、乾燥したり硬くなったりするので、冷蔵庫での保存はパンの劣化が早まります。

 

日本では、カビの防止等と言って冷蔵庫に保存していると言うご家庭も多いのが現実です。

また冷蔵庫の温度である0度から4度は、パンに含まれるデンプンとグルテンの劣化が非常に進みやすい温度です。

 

それによりパンの風味がなくなり、おいしさも半減してしまいます。

冷蔵庫の様子をイメージした画像

冷蔵庫の様子をイメージした画像

 

賞味期限以内に食べるならパンは常温で保存

直射日光のあたる場所や湿気の多い所で保管するのはいけません。

水分が飛ぶことによってパンがパサパサになってしまいます。

 

比較的涼しくて、湿気の少ない場所を選ぶようにしてください。

湿気の多いところを選んでしまうと、カビが生えやすくなってしまいます。

パンは涼しくて湿気のない場所に保存

パンは涼しくて湿気のない場所に保存

 

パンを長持ちさせるための保存方法

賞味期限を気にせずにパンを保存できるのが冷凍保存が一番です。

 

しかし冷凍にも限度があります。

美味しくパンを食べるには冷凍してから、1ヵ月以内に食べきるようにします。

 

パンを冷凍する時にも、ポイントがありますのでご説明させていただきます。

冷凍庫の保存が最適

冷凍庫の保存が最適

 

美味しさを保つためのパンの保存方法

パンを買ってきた状態で、そのまま冷凍庫に入れてはいけません。

 

例えば食パンの場合では、1枚1枚ラップで包んでください。

その後に密閉ができる袋に入れ、できるだけ空気を抜いて袋を閉めてから冷凍庫に入れます。

 

冷凍庫に余裕のある場合は、ラップで包むのではなくアルミホイルにすると良いです。

冷凍庫に入れる前にパンをアルミホイールで包む

冷凍庫に入れる前にパンをアルミホイールで包む

 

冷凍で保存されたパンの食べ方

オーブントースターを使用してパンを焼きます。

 

まずは冷凍庫から取り出しラップを外します。

パンに、霧吹きで軽く水をかけてあげます。

その後にオーブントースターに入れてパンを焼き上げます。

 

アルミホイルに包んであった場合は袋から取り出した後に、そのままオーブントースターに入れてパンを焼きます。

 

こうすることによって、冷凍庫に入れる前の美味しいパンの状態を取り戻すことができます。

 

パンを温めている様子

パンを温めている様子

 

まとめ  おいしい状態でパンを長持ちさせるには冷凍庫で保存する

保存方法さえ間違いできれば、パンを無駄なく美味しく最後まで食べきることができます。

また、オーブントースターを使いパンを焼くことにより一層おいしいパンを食べることができます

 

いかがでしたか?

普段何気なくパンを食べていた方もいらっしゃると思いますが、とても参考になったのではないでしょうか。

 

ここまでお読みいただき、誠に有り難うございました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です