上手くいっていない就職活動の考え方

やりがいを感じる事ができ、自分得意とするスキルを磨くことを考える。

 

自分が何を求めて人生の中で働いているのか、考えてみた事はあるでしょうか。

考える時間は、実際それほど時間はかかりません。

むしろキリがないから時間をかけてはいけません。

 

こんにちは

うのまです。

インターネットを見ていたら、就職について悩まれている方の記事が目につきました。

 

◆参考URL

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11174980031?__ysp=5bCx6IG35rS75YuV

 

◆質問

就職活動が上手くいっていない友達がいます。
この場合はどの様なアドバイスをするのがベストでしょうか?
転職が上手く行かないみたいで相手の人が私に対して(恋人はいないみたいで)構ってちゃん状態で迷惑しています。

 

◆ベストアンサー

リクエストありがとうございます。

就職活動が上手くいかない理由は、人それぞれ様々で千差万別です。それゆえ、
どのようなアドバイスをするのがベストなのかは、その人と親密な関係にならなければわからないと思います。

転職に関して相談されることで、あなたが迷惑しているのであれば、自分の気持ちを率直に表明して下さい・・・
例えば、「私は、あなたの就職活動に関してとても心配していますし、転職が上手くいってほしいと願っておりますが、最近あなたの話を聞いていると、少しイライラを感じます。なぜなら、どのようなアドバイスをすればいいのか、私にはわからないからです。あなたのお役に立てず、申し訳ございません!」と。

あなたの気持ちを率直に表明することによって、相手はあなたの気持ちを理解してくれると思います。

 

 

職業について考えても見つからない場合は無理する必要はありません。

今回は職業選択について以下の2点をご紹介いたします。

 

・方向性の軸を定め就職活動につなげる

・就職活動で安定した企業を選ぶ

 

どうぞゆっくりと読み進めてみてください。

 

 

方向性の軸を定め就職活動につなげる

自分は何を求めて人生で働いていくのかを、軸を決めて考えてみれば答えは見つかります。

 

多くの方は何をやったら良いのか分かりません。

どの方向に自分は進んでいくのかが、ハッキリしないと思います。

 

まだ働いていらっしゃらない方にとっては、わからなくて当然です。

どの方向性に進んでいけばよいかご紹介いたします。

 

方向性を考える

 

就職活動でやりたいことを重視する

昔に比べて重要になってきた事は職業を選択する上で自分が何をしたいかと言うことです。

働くために生きていくのではありません。

 

生きるために働くのです。

ですので重要なのは「自分は何がしたいか」なのです。

ですが普通の人は「やりたい仕事がわからない」「魅力がある仕事がない」というのが多いです。

 

ですので、やりたいことだけで無理に仕事決めないほうが良いです。

自分が思い描いている夢に,縛られると言うことになります。

 

生きるために仕事をする

 

上手い就職活動をするには得意な事から

人よりうまくできる事を仕事で選ぶことで、成功確率は高くなります

損はありませんので、他の人よりうまくできる事は頑張ります。

 

ただし、得意だからといっても、他の人より少しうまい程度です。

「それだけで一生働いていける」と言う考えは、いけません。

職場で強みを磨き、さらにその強みを生かして関連分野の仕事でも磨き、努力する必要があります。

 

仕事に磨きをかけている

 

世の中の役に立つこと、感謝される事から就職活動につなげる

世の中に貢献する仕事や人に感謝される仕事は、仕事を選ぶ方向性で間違いはありません。

「世間でお役に立てることや人々に感謝される仕事をしたい」と言う人が最近では多いです。

 

ですが感謝されることや世の中の役に立つ事が感謝されないより良いです。

しかし、それだけで仕事を選ぶのは動機が弱いです。

 

よく考えて、なぜそう思ったかを確かめてみてください。

世の中で感謝されるためには、世の中に貢献できるだけのスキルや知識を磨くことが先だからです。

 

人々に感謝されている様子

 

就職活動で安定した企業を選ぶ

一定の給料と雇用と労働環境が安全で、保障されていることから選ぶのは危険です。

「企業が倒産しなければ自分が守られている」と考えている人は、現実と全く違います。

 

職を失うということは、リストラなどでも十分にあり得る話しです。

会社が倒産すると言うよりも、はるかに多い確率です。

 

倒産して路頭に迷う

 

就職した先で上手く雇用される能力

短期間で学習して、必要なスキルや知識を習得すれば良いのです。

同期で同じ就業先に入社しても、賃金格差は初年度からも発生します

 

賃金が得られる理由と、雇用の安定を自分自身の中に作り込むしかありません。

リストラや倒産があった場合でも別の企業で働けるようにする能力が、自分の中に身に付いてしまえば問題ありません。

 

スキルを探す

 

 

ブラック企業に就職しても心配ない

労働者は法律で守られていますので、あなたさえしっかりとしていれば最悪の事態は免れます。

「命を落とす人がいる」と聞けばブラック企業を見分けなければ、とても心配です。

 

とは言え、ブラック企業とはどういうものかと言う具体的な定義は決まっていません。

長時間労働,パワハラ、セクハラ、サービス残業、低賃金などが考えられます。

ですが、何がブラック企業の条件に当てはまるかわかりません。

 

ブラック企業と分かっても恐れる必要はありません。

自分自身でこの会社おかしいまずいなと思ったら次のようなことをしてください。

・改善の努力をする。

・周囲の人に相談する。

・主張する。

・外部の機関に相談する。

 

法律があるから心配無用

 

 

まとめ  やりたいことや得意なことを見つけ、世の中に貢献できるだけのスキルを磨くことで就職活動に役立つ

安定を第一に考え就職先を選ぶのは賢明です

 

就職活動で悩まれている方にとってはとても参考になったのではないでしょうか。

就職を失敗しないためにも、もう一度冷静になって考えてみてください。

 

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です