初心者なら読んでおきたい車検費節約したい方

軽自動車の車検費用がどの位必要なのか気になる方へ

軽自動車の車検は受け方次第で最低限の費用で受けられる事が多い

 

こんにちは。

デンスケです。

今回の記事は

・軽自動車の車検費用は抑えられないの?
・軽自動車車検を頼む業者はどのような所がいいの?

このように悩まれる方に少しでも、参考になればと思いご紹介させていただきます。

 

この記事を読むことで、以下の事が理解できるようになります。

・軽自動車車検の依頼先は?
・車検の費用はどの位掛かるのか
・車検を依頼する所によっての、良い点:悪い点

以上のことを理解することで、あなたの車検に対しての感覚が変わり車検を受けやすくなると思います。

それだは具体的に説明させていただきますので、ゆっくり読み進めてください。

 

 

■今回の参考サイト
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10929019.html

 

■質問とベストアンサー

質問内容

軽自動車を新車で購入した場合の初回車検費用についての疑問です、購入ディーラーでお願いする場合、車検費用の総額はざっくり見積もって大体いくらくらいかかるものなのでしょうか?

過去に10年落ちの車の車検が2台ほどありましたが、ディーラーで車検費用総額で12~13万程でした。

車に大きな損傷を与えるような事故等にはあっていません。

新車の初回車検でしたら、10万円以内で収まるでしょうか?

 

ベストアンサー

今日は民間指定工場に家族の古い車の車検見積もりに行きましたが、10万円を下回る9万円台
でしたので、大丈夫だと思いますよ。

一般論のようなお話ですが、
新車を買ったら、10年とかは、GSの車検代行とかでもいける感じはあります。そのくらい
交換部品とかもない傾向にあります。

私の場合は、15年とか超えた感じのボロ車になる感じですが、家族があまり新車買うのは
好きじゃないので車検取ることにしましたが、今回スタブライザーリンク切れの交換が
発生したくらいでした。

そういったパーツ交換とか、古い車の重量税とかの加算料金を含め10万いかない感じです。

 

 

軽自動車車検の依頼先は?

そもそも車検とは、自動車を整備して次の車検まで故障しませんよ!ではありません。

国が定めた法令内に整備が済ましてあるか?

車検の時に異常がないかの確認。

後は税金の納付ですね。

 

 

 

民間車検場

民間車検場とは、自動車整備工場の事を言います。

自動車整備工場と言えど、いくつかの工場が存在します。

地方運輸局長が認めた認証工場指定工場の許可がある二つ工場があります。

認証工場は、分解点検・整備はできるが車検に必要な検査機器を所有しておりません。

ですから、自ら軽自動車協会(陸運局)に車を持ち込み、検査ラインで検索するものです。

指定工場は、車検に必要な検査機器が自社工場に存在し、自社で検査できるんです。

車両そのものを陸運局に持込む必要がありません。

「自動車整備 フリー」の画像検索結果

 

 

ガソリンスタンドなど

ガソリンスタンドや自動車販売店などに、車検を依頼することもあると思います。

がしかし、各会社で自動車整備工場を保有してなければ以下のようになると思います。

・車検を外注になるか
・車検の点検項目を何もしないで直接、陸運局に持ち込む

このようになる事がほとんどだと思います。

関連画像

 

 

ユーザー車検

ユーザー車検は、自らの車両を陸運局の持込み、必要書類を揃えて支払いをします。

そして、ユーザー車検ラインに並び、検査をしてい行くものです。

まず書類的には以下のどちらかは必ず持参しておくことです。

・自動車税を納めた2期分の領収書
・各市町村で発行できる納税証明書

「ユーザー車検 フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

車検の費用はどの位掛かるのか

軽自動車車検の費用は正直な所、自ら陸運局に持ち込むユーザー車検では35600円ですみます。

・検査法定手数料:1400円
・自動車重量税印紙代:7800円
・軽自動車第2号様式用紙代:30円
・自賠責保険24カ月分:2万6370円
→ 合計金額:3万5600円

 

その他の車検は、業者の加減次第ですかね?
それとも、車検の代行費をいくらにするか?
車検には、この整備まで施工しないと車検に通らないなどを謳い文句にし、多く見積をするか?

指定工場などでは、自社に検査ラインが存在するため、陸運局に車両を持ち込む必要がありません

なので、手数料的には安く済むと思いますよ!

ましては、ほとんどの指定工場は1日で車検が終了します。

認定工場では、車両を陸運局に持込ます。

そして車検ラインを通すか指定工場に依頼するかのどちらか選択することになります。

そのため、日にちもかかりますし費用も少し多めにかかります。

軽自動車で10万円ほど掛かる際は、整備内容を確認し車検に必要なのかを業者と密に打ち合わせする事をお勧めしいます。

「流出したお見積書」

 

 

 

車検を依頼する所によっての、良い点:悪い点

ユーザー車検などで費用はかなり抑えられるのですが、注意が必要です。

合格したからと言って車の知識が無く、そのまま走行していれば故障の原因なる恐れがあります。

定期的メンテナンスを行い車検時に整備まで含めて、信頼出来るプロにお任せすると一番安心できますよね。

ここでは、車検を依頼する所によっての良い点悪い点についてご紹介します。

 

「考え込むクッキング坊主」[モデル:よたか]

 

 

ユーザー車検(良い点)

自身でユーザー車検を持ち込むと、一番のメリットは【費用が安い!】

これに限りますね。

 

stevepb / Pixabay

 

 

ユーザー車検(悪い点)

ユーザー車検を持ち込み、一発で合格しなかった際は、一度持ち帰り整備工場に修理してもらいます。

改めて再検査を行わないといけません(悪い所再検査)

このように再検査のリスクがあるのがデメリットと言えますね。

 

「タブレットを持って検索をする白衣のドクター」[モデル:Max_Ezaki]

 

 

 

認定工場(良い点)

認定工場で車検を依頼する際の良い点と言えば以下となります。

【大体の認定工場は個人経営者のためこちらの希望に融通を聞かせてくれる所が多い。】

例えば、電球が切れていた時に、サービスで交換しといたよ的な事があったのを思い出します。

 

「整備 フリー素材」の画像検索結果

 

 

認定工場(悪い点)

悪い点と言えば、検査ラインがないため陸運局に持ち込むか指定工場に依頼するかになります。

そのため日数は余計に掛かり費用も手間が多いため多少割り増しになる傾向があります。

 

「ぼったくり フリー素材」の画像検索結果

 

 

指定工場(良い点)

指定工場で車検を依頼される際の良い点と言えば以下です。

【検査ラインがあるため依頼した工場で全て済むので、費用も割安で済む所が多い】

また、ほとんどの業者が一日で車検は終わります、車検証などは後日ななります。

 

「ダッシュするビジネスマン」

 

 

指定工場(悪い点)

指定工場での悪い点と言えば、車検4万~で出来ますと格安で宣伝している所が多いです。

しかし、実情としては、ほとんどが4万円程度ではすみません。

例えば、「発煙筒の使用期限が切れています」や「タイヤの溝が減っています」などを口実に車検が通りませんと言われたりする事が多々あります。

そして結果的に、追加請求となる事があるのは、よくある話です。

 

「高額当選したらしい中年」[モデル:よたか]

 

ガソリンスタンドや自動車販売専門店など(良い点)

ガソリンスタンドなどで指定工場を同時に経営されてる所は、指定工場に依頼しているのと同じことです。

ですから、スピーディーに割安で済むと言えるでしょう。

自動車販売専門店は、良い点はあまりメリットはないように感じます。

 

関連画像

 

 

ガソリンスタンドや自動車販売専門店(悪い点)

ガソリンスタンドが、指定工場も認定工場も持ち合わせていない場合、個人でユーザー車検を受ける手順を代行するだけになります。

自動車販売専門店も同様ですので以下をお勧めいたします。

ガソリンスタンド
自動車販売専門店

この二つで車検を通す場合は、「指定工場か認定工場を持ち合わせているか確認する」ことが重要になります。

「確認 フリー素材」の画像検索結果

 

まとめ 車検のときは、知識のある友を持つべきだ。

ユーザー車検では、時間も取られるので2~3万円ほどプラスで請け負ってくれる所に任せた方がいいでしょう。

後は、親切で良心的な所を探すしかないですね。

会社の同僚に聞いたり知人に紹介したもらったり、いい所との出会いですね。

デンスケ自身も過去に知人に助けてもらった事があり、大変感謝です!)

私、デンスケからの意見ですが、車検はでの費用を抑えるとしたら以下を意識するようにしています。

・定期的なメンテナンス
・メンテ内容を履歴として残し車検の時に依頼業者との打ち合わせ
・総合的に必要最小限の作業と金額で済むように調整

こんな風に意識して取り組む事で、車検費節約を達成する事が出来るでしょう。

ここまでお読み頂き、誠に有難うございました。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です