お酒臭くなってしまった時の匂いの消し方

お酒を飲みすぎて お酒の匂いが 気になっているあなたには、とても素晴らしい情報です。

 

こんにちは。

うのまです。

 

今回の記事は

・お酒を飲み過ぎてしまった時にどうすればよいか。
・体中から臭うお酒の臭いを早く消したい。

そんなふうに悩まれている方のためにご紹介する記事となります。

 

この記事を読むことで以下のことが理解できるようになります。

・そもそもどうしてお酒臭くなるのか
・お酒を体から抜く方法
・お酒の適切な飲み方

 

今日のことを理解して、お酒を飲んで頂きたいと思います。

では具体的に説明させて頂きますので、ゆっくりと読み進めてみてください。

 

 

■今回の参考サイト
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13202571208

 

■質問とベストアンサー

質問内容

今の寒い時期には日本酒の熱燗が美味しいので飲んでるんのですが、体臭(加齢臭?)が強くなったりするのでしょうか? 口には出さないけどカミさんなど家族が嫌そうな感じなのですが・・ でも、暑い時期はビールや焼
酎を飲んでるのですが、その時は嫌そうな感じがしないので、日本酒は体臭強くなるのでしょうか?

 

ベストアンサー

体臭は臭くなりませんが酒の匂いはきつくなる場合がありますね。いい風に言えば香りが立つ。悪く言えばさけくさい!笑

 

 

 

どうしてお酒臭くなるのか?

そもそもどうしてお酒というのは 飲むことによって臭ってしまうのでしょうか 。

ついつい飲み過ぎてしまって後で後悔するのがお酒 。

そのように私は印象付けています 。

臭くなる原因を探すことで どの程度の解決策が見えてくるのではないでしょうか 。

Seo_Seungwon / Pixabay

 

 

肝臓の影響

口から入ったアルコールが、多くは小腸で吸収され 血液に溶け込み肝臓へ送られます 。

アルコールは肝臓で、酵素の働きによって「アセトアルデヒド」 という 有害物質に分解され 最終的に酢酸へ変化します。

肝臓で分解されなかったアルコールは全身を巡ってまた肝臓に戻ってきます。

酢酸は 血液を通って全身をめぐるうちに水と炭酸ガスに分解され最終的に体の外に放出されます。

簡単に表現すると、アセトアルデヒドは青臭い刺激臭、酢酸はきつい酢の匂いです。

結構刺激的な匂いですね。

肝臓はアルコールの分解工場です。

ですので大いに影響はあるというわけです。

www_slon_pics / Pixabay

 

 

肺の影響

処理しきれないアルコールは、血液にのり肺から呼気となって、口から放出されます。

口臭を抑えるタブレットや牛乳を飲んだとしても、口臭を一時的にごまかすことはできても消すことはできません。

kreatikar / Pixabay

 

 

 

アルコールの分解時間

アルコールは肝臓で分解されますが、体重60 kg から70 kg の人で1時間に5 g ~7 g分解されると言われています。

500ミリリットルの缶ビールで例えるとアルコール含有率20 gですので、アルコールを分解するには3~4時間かかるということになります。

Free-Photos / Pixabay

 

 

お酒を体から抜く方法

ただ普通にお酒を飲んでいるのと 、本当の事を考えながら飲んでいるのでは 結果が変わります。

私はついつい気持ちよくなるまで飲んでしまいます。

ですから次の日に後悔しないためにも 今回調査してみました 。

重要なのはアルコールの分解の途中で生じたとアルデヒドを分解することです。

何をしたら良いのでしょうか。

いくつかご紹介しましょう。

stevepb / Pixabay

 

 

食べる

オレンジジュースは、果糖がアルコールの分解を高めビタミン C がアセトアルデヒドの分解を高めてくれます。

柿は、タンニンが胃の粘膜を収縮させアルコールの吸収を穏やかにし、カタラーゼなどの酵素がアルコールの代謝を活発にしてくれます。

しじみの味噌汁は、肝臓の解毒作用を促し、アセトアルデヒドの分解も促進してくれます。

梅干しはクエン酸が多く含まれ、エネルギーを生み出す回路を活発にさせてくれます。

rawpixel / Pixabay

 

 

 

水分をとる

まずは水やスポーツドリンクで水分をたくさんとってください。

その後にコーヒーを飲むと良いでしょう 。

コーヒーはカフェインの覚醒作用で、頭をシャキッとさせてくれます。

アルデヒドの代謝を促進させたり利尿作用により、老廃物を体内から追い出す作用もあります。

 

rawpixel / Pixabay

 

 

お酒の適切な飲み方

初めから飲まなければお酒臭くなりません。

ですが誘惑に負けてしまい、そういうわけにはいきません 。

そう考えた私は 「お酒の付き合い方 」について調査することにしました。

休肝日と正しいお酒の飲み方を知ることで、どのようにすればお酒臭くならないのかということに繋がるでしょう。

ここでも具体的に説明させていただきますので、ゆっくりと読み進めて見てください 。

felix_w / Pixabay

 

 

休肝日とは

お酒を飲むことによって 、肝臓には中性脂肪が蓄積されます。

胃や腸といった消化器の粘膜も荒れてきます。

これらの臓器の修復のために週に2日程度の休肝日を設ける必要があります。

この際注意するのは5日連続で飲んで2日連続で休むのではなく、「2日飲んで1日休む、3日飲んで1日休む」という習慣にすることです 。

休肝日を作ることでアルコール依存症を防ぐことにもつながります 。

 

 

正しいお酒の飲み方

少量のお酒を食事前に飲むと、食欲の増進させる効果があります。

空腹で飲酒するとアルコールが吸収されやすくなるのです。

そのため、血中アルコール濃度が上がり今の障害を引き起こす恐れがあります。

お酒と一緒に脂質の含んだ食品やタンパク質を食べると、胃の粘膜の接触を緩和します。

ということは、アルコールの吸収ペースが緩やかになり、胃腸障害を予防することができます。

食べ物によって胃が活動し、腸との間の弁膜を閉じます。

結果的には、アルコールの移動を遅らせることができます。

アルコールの適正摂取量も人によって若干差はありますが、この程度の量で抑えておくと良いと思います。

・瓶ビール中瓶2本
・日本酒360cc
・焼酎220cc

(あくまでも目安という事でご理解ください)

お酒は飲む速度が速いと血中のアルコール濃度が急激に高くなるので、注意が必要です。

何故ならば、早く酔ってしまうとともに体の障害が生じやすくなるからです。

食べながらゆっくり飲むという習慣を身につけておくことが大切です。

一気飲みは絶対にやってはいけませんね。

unclepastaaz / Pixabay

 

 

まとめ  お酒を飲みすぎてしまっても 、お酒を体から抜く方法が分かっていれば問題ありません 。

お酒を体から抜く方法が分かっていれば問題ありません。

さらにはお酒の適切な飲み方を覚えてしまえばいいのです。

しかし、お酒を飲んだ本人は分からないにしても、他人に不快な思いをさせてしまうかもしれません。

気をつけたいですね 。

今回は、お酒の臭いで悩んでいる方にとっては、とても参考になった記事ではないでしょうか 。

それでは、ここまで読み進めて頂き、誠にありがとうございました。

6563351 / Pixabay

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です