アドセンスの広告は一ページに何個までかの調査結果

アドセンス広告が1ページあたり何個あるかを調べて行ったところ問題はそれだけではなかったようです。

 

こんにちは、ライターのウィズです。

今日の晩御飯は水炊きでしたが、かなり食べたのでお腹が破裂しそうです。

暴飲暴食をしないように心がけていますが、ついついおいしいものが目の前にあるとたくさん食べてしまいます。

 

皆さんもお体にはご自愛下さいませ。

今回はアドセンス広告について色々と調べてみましたので記事にさせていただきます。

 

この記事では以下の事が理解出来るように意識しています。

・アドセンスとは
・広告の張り方について
・他社広告とのバランス

上記内容を理解できるように具体的に掲載させて頂きます。

どなた様もゆっくりと読み進めて見てください。

◆参考サイトURL
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10944717.html

 

■質問

アドセンスの広告は一ページに何個まででしょうか?

 

■ベストアンサー

中身のボリュームに応じてですね。
そこを数字でこれくらいとはGoogleも公表していません。
掲載する記事だけじゃなく、全体的なサイトのボリュームも必要っぽいです。

以前は1記事に3つまででしたけどね。

 

 

アドセンスとは

今回のベストアンサーの内容をさらに掘り下げていきます。

アドセンスとはそもそも何のことでしょうか。

 

アドセンスとはGoogleが管理するインターネット広告サービスです。

アドセンスの審査に合格することで、ホームページやブログで広告リンクを貼ることが可能になります。

 

つまり自分のブログを利用してマネタイズができるということです。

200degrees / Pixabay

 

 

アドセンスの仕組み

アドセンスの仕組みはいたってシンプルです。

アドセンスの審査に合格したら、アドセンスコードを自分のブログやホームページに貼り付けます。

 

その広告リンクをクリックした瞬間にあなたに広告収入が入るという仕組みです。

 

 

アドセンスで稼ぐ方法

しかし、単純に広告をむやみやたらに貼り付ければ良いと言う問題ではありません。

アドセンス広告を使って上手に稼ぐノウハウも存在するのです。

 

今回はアドセンスで稼ぐ方法の前にやってはいけない広告のあり方について、少しだけ勉強していきましょう。

mohamed_hassan / Pixabay

 

 

広告の張り方について

アドセンス広告のあり方をしっかり理解して、収入アップを目指しましょう。

広告を貼るにあたっていくつかの注意点があります。

 

この注意点を守らなければ広告で収入が得られないところか、広告自体が掲載されないなどの事態に陥ることもあります。

TeroVesalainen / Pixabay

 

 

広告数

1ページあたりの広告掲載数は上限はありません。

しかし上限がないからといって何個も広告を貼っていると、アドセンス広告自体が掲載されなくなってしまいます。

 

つまり広告数に制限はありませんが、きちんと考えて広告を貼る必要があるということです。

MichaelGaida / Pixabay

 

 

広告の比率

1ページあたりの広告数も関係があります。

 

1ページあたりに一個しか広告入っていないページ。

それとも30個ぐらい貼ってあるページ。

この両者を比べてみたらGoogleはどちらを後評価するでしょうか。

 

それはきちんとした情報を伝え広告を整理整頓して掲載しているページを評価するに違いありません。

ですから広告数は、できることなら3つ以下に抑えることが理想です。

wilhei / Pixabay

 

 

他社広告とのバランス

ブログに掲載してあるアフリエイトリンクやその他のPPC広告など、これらはアドセンスとの関係があります。

Googleからしてみたら他社の広告コードがたくさん貼ってあるページよりも、他社の広告コードがあまり貼ってないページに広告をしたいはずです。

 

ですからGoogle以外だから関係ないと言うのではなく、他社の広告の貼り方にも注意が必要だということです。

mohamed_hassan / Pixabay

 

 

アフィリエイト広告

アフリエイト広告を貼ることができるための、アフリエイトASPは世の中にはたくさんあります。

それそれは各社のアフィリエイト審査に合格すれば自分のブログに掲載できますので、アドセンスとは関係ないように思います。

 

ですがアドセンス広告を貼る規約の中で他者とのコードの過度な併用は許されておりません。

 

 

PPC広告

このことからPPC広告でも同じことが言えます。

むやみやたらにいろんなところに貼り付けるのはやめましょう。

 

そのほうが記事を読むユーザにとっても読みやすいからです。

Googleアドセンスはそういうところを全て見ております。

しっかりしたブログ作りを達成していきましょう。

vojtila / Pixabay

 

 

まとめ 広告だらけのページにならないように

ここまで紹介した内容をまとめていきます。

要するに、広告だらけのページにはならないようにすれば良いと言うことです。

 

広告だらけにすれば、ブログにアクセスしてくれたユーザがたくさんクリックしてくれると言うわけでもありません。

 

ですから広告のあり方については上手に勉強する必要があります。

ここまで読んでいただいてまことにありがとうございました。

Skitterphoto / Pixabay

ウィズ

この記事を書いたライター 【ウィズ】 在住:横浜市 性別:男 年代:イエローモンキー 全盛期 趣味:鍋 【実績】 並行輸入業界、通史販売物販業界、整体施術業界など、幅広い業界に精通している。 独自のビジネス観点から、自由自在にライティングする様から「歩く記事生成器」と言われている。 また、ウィズダム最前線ブログのライター全員とプライベートでも仲が良い。 ウィズの詳細情報についてはこちら

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です