インフルエンザにかからない為の最適な予防方法 

インフルエンザにかかりたくないと思っているあなたにはとても素晴らしい情報です。

 

こんにちは。

うのまです。

 

今日の記事は

 

・こんな時にインフルエンザにかかってしまった。

・インフルエンザで学校や会社を休んでしまったらどうしよう。

 

そんなふうに悩まれている方のためにご紹介する記事となります。

 

この記事を読むことで以下の記事を理解することができます 。

 

・インフルエンザウイルスの体内潜伏期間

・インフルエンザ予防の仕方

・そもそもどうしてインフルエンザに感染するのか

 

以上のことを理解することでもうインフルエンザの流行時期も怖くありませんね。

 

それでは具体的に説明させて頂きますのでゆっくりと読み進めてみてください。

 

■今回の参考サイト

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12202667097

 

■質問とベストアンサー

質問内容

インフルエンザにかからないために気をつけていることを教えてください。

 

ベストアンサー

マスクをしたり、

手を 手ピカジェルで消毒なとでしょうか!

 

インフルエンザは、空中に菌が

浮遊していないで、ドアの取っ手などに

付着しているので

そういったところを触ったあと、

口の周りを触ると インフルに

かかるそうなので消毒は有効的です!

 

余談ですが、ノロウイルスの菌は、

消毒でも効かないそうです!

 

インフルエンザウイルスの体内潜伏期間

インフルエンザウイルスとはどのようなものなんでしょうか。

 

インフルエンザウィルスを持っている人と一緒にいるとすぐにうつってしまう。

 

そのようにに大変感染しやすい病気だと思います。

 

インフルエンザに感染する原因を理解することである程度の解決策が見えてくると思います。

 

stevepb / Pixabay

 

潜伏期間

インフルエンザウィルスを持っている人からウィルスを自分の体に取り込むと、自分の体の細胞に約20分で入り込みます。

 

潜伏期間はここからのことをいいます。

 

人によって違いはありますか、最短16時間から最長5日が潜伏期間と言われています。

 

兆候

主に、くしゃみ、鼻水、喉のイガイガ感などがあり、急に発熱します。

 

congerdesign / Pixabay

 

 

ウイルスの威力

人間の細胞に入り込んでから、8時間後には100個に増殖します。

 

16時間後には一万個、24時間後には百万個までに増殖します。

 

このような急激な増殖をするため、インフルエンザは感染後早期に発症してしまうということです。

 

この潜伏期間が短いので、インフルエンザが急速に流行する理由であると思われます。

 

Monoar / Pixabay

 

 

予防の仕方

ただ普通に生活している人と、予防しようと努力しようとしている人とでは、結果が変わると思います。

 

インフルエンザの予防接種を受けること、普段からマスクを着用することが1番いいと思います。

 

ですがそれ以外にもできることがあると思います。

 

 

そこで実際に私が実践していることをご紹介いたします。

HeungSoon / Pixabay

 

 

外出後の手洗い

手洗いはインフルエンザに限らず感染予防の基本です。

 

手洗いをすることにより手に付着したインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法です 。

 

石鹸をつけてよく洗うことを心がけた方が良いですね。

 

その後、手をタオルで綺麗にふき取った消毒液で消毒すると尚良いのではないでしょうか。

_Alicja_ / Pixabay

 

 

歯磨き

口の中の細菌はインフルエンザウィルスを粘膜に侵入しやすくする酵素を出します

 

ですので口の中を不潔にしているとインフルエンザに感染しやすくなると言うことです。

 

また、インフルエンザ治療薬が効きにくくなる可能性があります。

 

 

 

体の抵抗力を高める

体が弱っていてはインフルエンザに負けてしまいます。

 

十分な休養とバランスのとれた食事を摂取することにより、強い体を作ることにつながります。

RitaE / Pixabay

 

 

快適な室内空間を作る

空気が乾燥すると、喉の粘膜の防御機能が低下します。

 

それによりインフルエンザにかかりやすくなると言えるでしょう。

 

特に乾燥しやすい室内では加湿器などを使って加湿を行ってください。

 

適切な湿度は50%から60%だと言われています。

 

Pexels / Pixabay

 

 

そもそもどうしてインフルエンザに感染するのか

初めからインフルエンザウィルスなどをなかったらインフルエンザにかかりません。

 

そう考えた私はなぜインフルエンザウィルスが存在するのかということを調査することにしました。

 

インフルエンザウィルスが発生する原因と感染経路を知ることで、予防しようと言う気持ちになると思います。

 

ここでも具体的に説明させていただきますのでゆっくりと読み進めてみてください。

3dman_eu / Pixabay

 

 

動物の影響

インフルエンザは、元をたどるとすべてが鳥インフルエンザに行き着きます。

 

もともと足に水かきのある水鳥、渡り鳥に感染するウィルスだからです。

 

Andre_Rau / Pixabay

 

 

感染経路

鳥が持っているインフルエンザウイルスは、他の動物を介して人間に感染する確率が高いです。

 

例えば、鳥の持っているウィルスは豚にくっつきやすいです。

 

豚が持っているウィルスは、人間にくっつきやすいです。

 

このような経路で感染してしまうケースがあります。

 

Alexas_Fotos / Pixabay

 

 

まとめ たとえインフルエンザが流行しても予防の仕方がわかっていれば問題ありません 。

外出しないのが1番良いのですが、そういうわけにはいかないと思います。

 

ウィルスを体に取り組まないように必要以外の外出は避けるのが良いでしょうね。

 

口や鼻からのウィルスの侵入を防ぐためにマスクは有効な手段だと思われます。

 

Myriams-Fotos / Pixabay

 

普段からインフルエンザの予防ができていなかった方にとっては、今回の記事はとても参考になったのではないでしょうか。

 

ここまで読み進めていただきまして、誠にありがとうございます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です