【外壁塗装などの気になる費用・情報を知りたい方】

経年劣化での外壁塗装をお悩みの方へ
外壁塗装でマイホームの寿命は大きく変わる。

 

こんにちは。

デンスケです。

 

今回の記事は、外壁塗装に関する気になる内容をまとめてみました。

・外壁塗装の費用はどの位必要なの?
・ローンを組むとすればどうしたらいいのか?
・外壁塗装はやり直した方がいいの?

 

このように悩まれる方に少しでも、参考になればと思いご紹介させていただきます。

この記事を読むことで、以下の事が理解できるようになります。

・外壁塗装の相場感
・ローンを組むメリット。
・外壁塗装の必要性。

 

以下の事を理解する事で、外壁塗装への意識が変わり施工に踏切やすくなると思います。

それでは具体的に説明させていただきますので、ゆっくり読み進めてください。

 

■今回の参考サイト

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10882432.html

 

■質問

基本的なことを教えていただきたいです。

現在、千葉銀行で住宅ローンを組んでいます。
今回、外壁塗装をすることになり、150万円程度のローンを組みたいと思っています。
千葉銀行に問い合わせたところ、金利が2.5%程度とのことでした。
以前に車の購入でお世話になったJAに確認したところ金利が2.0%程度とのことでした。

150万円程度のリホームローンを組む場合は、とにかく金利が低いローン会社を選べば良いと認識しています。この認識に間違いないのでしょうか?

この状況で金利の高い千葉銀行でローンを組むメリットはあるのでしょうか?
ちなみにおすすめのローン会社(金利の低い)はありますか?

 

■ベストアンサー

優遇条件有効につかって2.5%より
JAが2%なら JAですね。

リホームローン
どこも基本金利高い 優遇が無ければ話にならない

 

 

 

 外壁塗装の相場感

そもそも外壁塗装の費用は業者によって大きく差がでます。

俗に言う、ボッタクリの被害にあわないよう気をつてましょう。

合い見積もりは絶対に取るべきです。

 

外壁塗装の平均は、正直なと所、お住いの地域により費用は大きく変わるでしょう。

単純に都心と地方では人件費の違いが大きいですね。

【引用元:GAHAG】

引用画像 ⇒ GAHAG様

 

 

一般的費用

外壁塗装を検討されてる方、費用が気になって見積もりを依頼できずにいませんか。

住宅の大きさで費用は決まってます。

 

建て床面積できまるのではなく床面積で費用が決まってきます。

以下が、よく平均と言われる費用です。

 

20坪   79.2㎡    50万以上~
30坪   118.8㎡   65万以上~
40坪   158.4㎡   90万以上~
50坪   198㎡    105万以上~
60坪   237.6㎡   125万以上

 

この費用を参考に塗装業者に見積もり依頼をすると比較しやすいと思いますよ。

ただ外構や塗料の種類でも変わってきますので業者に遠慮せずに質問する事ですなね。

 

「費用 フリー素材」の画像検索結果

画像引用 ⇒ 写真AC様

 

 

見積もり依頼業者を見つける。

業者と言っても数知れずある中。

優良業者との巡り合わせは奇跡なのかもしれません。

 

ですが、優良業者を紹介するサイトがあり活用しない手ないでしょ。

■見積を依頼する際のデンスケおすすめサイト

外壁塗装の業者比較ナビ

外装業者の比較ナビ様

 

 

業者の選択。

まず見積もりを何処かに依頼する前に。

自宅の大きさを把握していると良いです。

 

悪徳な業者は見積もりの段階で建坪を誤魔化し、大幅な金額を提示してきます。

そのため自宅の建坪を把握している必要があるのです。

 

「悪徳業者 フリー素材」の画像検索結果

画像引用 ⇒ JapaneseClass.jp様

 

 

見積もりの取り方

見積もりを依頼する業者は一社だけは、やめましょう。

最低でも3社は必要です。

比較対象が無いと自分の地域の相場が解らないからです。

 

以前、自宅を塗装した際は5社の見積りを取りました。

3社は飛び込みでの依頼をお願いし。

1社は知人の紹介もう1社は友人に依頼しました。

 

結果、知人に紹介してもらった業者に決めたのですが、初めから安かったわけではありません。

複数からの合い見積もりを取ることで、比較が生まれ値引き交渉に役立ちました。

ですがあまり値引き交渉を引きずると、優良な業者にも逃げられるのでご注意を。

関連画像

画像引用 → エネがる様

 

 

ローンを組むメリット。

まず外壁の塗装をやり直すと言う事は、新築から10年前後は経過しているのではないでしょか。
(もしくは中古住宅の購入時の場合もありますね)

ローンを組むのも、やり方次第で金利が安くなる事があります。

「ローン フリー素材」の画像検索結果

画像引用 ⇒ 不動産関係のフリーイラスト素材

 

 

ローンは何社かの見積もりを取るべき。

既に住宅ローンを組んでいる方は、まず住宅ローン借換をします。

借換を行う際にリフォームローンを上乗せしてください。

そして銀行を3社程周り金利を値引き交渉をするのです。

 

大体が現状の銀行が一番遊具してくれる事が多いのでしょう。

(デンスケ自身も7年経過したマイホームを増築しリフォームローンで借換を行い金利が借入当初より0.2%安くなりましたよ)

 

「ローン見積もり フリー素材」の画像検索結果

画像引用 ⇒ 写真AC

 

 

クレジット会社より銀行が良い。

これは単純ですね。

金利が高いからです。

しかも住宅ローンと外壁塗装の支払いを別々にするのは得策ではありません。

自身の毎月の支払いが多くなり逼迫してくるからです。

 

住宅ローンが無い方は銀行にてリフォームローンで金利の低い所を探してください。

既に借入がある方は銀行にて借換をお勧めします。

「銀行 イラスト」の画像検索結果

画像引用 → チコデザ様

 

 

外壁塗装の必要性。

外壁塗装が何故必要なのか。

それは家が壊れるからです。

要は、マイホームのメンテナンスですね。

「外壁塗装 フリー素材」の画像検索結果

画像引用 ⇒ 写真AC

 

外壁の保護

外壁塗装は年数た経つにつれ劣化してきます。

劣化が進行してくると見た目も悪くなり、外壁の耐久性も無くなりボロボロになるでしょう。

 

外壁の耐久も見た目も長く保つには7~10年程度に塗装をお勧めします。

 

「外壁塗装 劣化フリー素材」の画像検索結果

画像引用 ⇒ 外壁塗装駆け込み寺

 

 

家の破損

外壁塗装の劣化が進行すると言う事は、他も劣化すると言うことです。

外壁には雨の侵入を防ぐためコーキングが施工されています。

塗装が劣化しているとコーキングも劣化しているのです。

 

コーキングが劣化しているとひび割れが発生し確実に雨の侵入を許してしまいます。

雨が侵入してくる事は、木材に水分が染み込み腐って行きます。

 

木材が弱くなると次はシロアリが発生して構造の破壊が始まります。

ここまで来ると塗装だけの補修ではどうにもなりませんね。

そうなる前に塗装は必要なのです。

「シロアリ フリー素材」の画像検索結果

画像引用 ⇒ 写真AC

 

 

外壁塗装とコーキング

外壁塗装を依頼する際はコーキングもやり直すべきですよ。

気の利かない業者は、見積もりに入って無い事があります。

 

塗装だけ綺麗になっていても水が侵入してしまえば意味がありません。

塗装とコーキングは必ず一緒にやり直してください。

「コーキング劣化 フリー素材」の画像検索結果

画像引用 ⇒ 写真AC

 

 

まとめ 外壁塗装をやり直すだけで家は長持ちする。

外壁塗装を依頼する業者は信頼できる人の情報が大事になるのではないでしょうか。

 

(デンスケ自身も、過去に実家の塗装を知人に紹介してもらい、かなり安く
綺麗に満足行く仕上がりになり、30坪で42万円で済みました)

 

ネットの口コミサイトも重要になってきますね。

費用は、マイホームを購入した時点でメンテナンス費を貯蓄するのがいいでしょう。

ですがローンを組んだりして毎月の出費を抑える方が楽かもしれません。

 

私、デンスケからの意見ですが塗装を含めてマイホームの修繕は必ず起こる事なので

以下を意識するようにしています。

 

・ローンを組替え際は、銀行数社からの金利交渉。
・5年過ぎてからの心の準備をする。
・知人からの情報収集で業者の下調べ

 

この様に取り組む事で、より安くいい業者を見つけられるのではないでしょうか。

ここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

「リフォームローン フリー素材」の画像検索結果

画像引用 ⇒ 子育て

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です