コンビニのくじを当てたい人へ送る必勝法!!

確実に当てる魔法は無いが、確率を上げる方法はある。

 

まいど、出世猫です。

 

最近よく見るようになった、コンビニくじ。

私は昔好きだったアニメのくじ引きだったりするとなんだかテンションが上がって、つい買ってしまったりすることがありますよね。

 

私は自身は、あまりくじ運が良くないので、なかなか当たらないんですけどね…

 

くじ引きは確率なので、最初のほうで一等が出る場合もあると思うんですけど、なかなかそういう場面には出会えませんね。

だから、正直ちょっと怪しいと感じるわけです。

 

この記事を読む事であなたは以下の事が理解出来ます。

・くじ引きとはなにか?
・トラブルを回避するには
・欲しい賞品を手に入れる方法

 

■参考サイトURL
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8017914.html

 

■質問

最近、コンビニでアニメのグッズが当たるくじがよく売られています。
上の方の賞だと、くじの料金に比べて、かなり嬉しいであろうレア?フィギュアです。
ところで、くじと言うと、どうしても疑いを持ちたくなるものです。
コンビニのくじも店頭に出した当初は、上位の当たりが出ないように工夫して、
そのくじの期間が終わりになる頃、上位の当たりを混ぜるなんて細工をしてやいないでしょうか?

 

■ベストアンサー

アニメのじゃありませんが、
くじって、ピリピリ…って破いて、中に書いてある賞を見ますよね?
大抵は。
あれって、「店員にも分からないようになってますよアピール」だと思ってましたけど…
違うんですかね?
私も某キャラクターのぬいぐるみ(A賞)が欲しくて、倍率が下がる最後狙いのつもりで毎日コンビニに通っていましたら、
ある日くじ自体完売してましたorz

 

 

くじ引きとは

gouv / Pixabay

くじ(籤・鬮)とは、正負や順序が割り当てられる対象について、その割り当て情報をあらかじめ与えずに選択させること、またはその対象のこと。割り当て情報は、対象に見えないよう封入されていてもよく、選択の後に無作為な手段で割り当ててもよい。
引用サイト → Weblio 辞書

要は中が分からないようになっていて、その中から引く。
だから「くじ引き」というんですね。

 

 

一番くじ

2003年に「株式会社BANDAI SPIRITS」がコンビニで発売をはじめました。

主にアニメのキャラクターなどのフィギュアやグッズを商品としていて、ハズレがないことでも有名になっています。

しかも、ラストを引けば「ラストワン賞」として中々いい賞品が用意されています。

 

ハズレのないくじとして、販売から約10年でなんと300億規模まで急成長しているそうです。

最後まで購買意欲を高めるためのいいアイデアですね。

 

このくじを買うためにコンビニに訪れるような「目的買い」をするお客も増えていて、コンビニの売り上げにも貢献しているようです。

 

 

700円くじ

年に5回程度行われ、商品を購入した金額が700円毎に一度引けるくじとなっています。

これは、コンビニで一度に買い物する平均単価が610円という結果から、何かもう一つ何買い足してもらおうという販売促進の目的で行われているそうです。

 

こちらのくじの賞品は、通常コンビニに置いてあるような商品となっており、それらの負担はメーカーがしているようです。

メーカーとしては商品になる商品は店舗に置いてもらえるので、そこがメリットになっているようです。

 

 

不正は可能か?

philm1310 / Pixabay

上記で紹介したようなくじは、メーカーからキットで販売されていることがほとんどです。

販売者に中身が分からないように最初から封がしてあったり、配置もランダムになっており、現実的に店員がアタリを抜くといった行為は難しいでしょう。

 

しかし、それを扱うのは人間ですので色々なことは起こってしまうのは、ある意味仕方のない事なのかもしれません。

 

 

トラブル

ここでは一番くじを例に挙げてみます。

ハズレの無いことで有名な一番くじですが、いくらハズレがないと言っても目玉となる賞品はあります。

そして、大部分の人が求めるのはの目玉賞品でしょう。

そのため、色々なトラブルが起こっているようなので、事例を調べてみました。

 

 

買い占めたのに・・・その1

私はAとB賞が欲しかったのでクジを購入しようと思いました。レジで店長とかかれた名札の人に、「ここにある商品は残っているよね?」と確認しました。店長はすべてあたりクジははいっていますと答えました。

私は「欲しい商品がでるまでクジを購入します」と言い、クジをひき始めました。何枚ひいてもA・B賞はでず、そのまま全部ひき終わってしまい、クジがなくなりました。

AとB賞が残っているということで購入しましたが実際はAとB賞は残っていませんでした。
引用サイト → みんから様

 

まだ店頭に商品が飾ってあるのに実際はないなんて最低ですね。
しかも、店長の「すべてあたりクジははいっています」という言葉。
そりゃ、一番くじはすべてアタリですよ。
そこに付け込んだ悪質な手口ですね。

 

 

買い占めたのに・・・その2

とある姉妹がTSUTAYAへ出かける

みんくじ「刀剣乱舞-ONLINE-~タオルの陣~」を引こうとすると店員に
店員「ラスト5枚だけどやりますか?」
姉妹「ラストワンあるしやります!

店員「先に店員が5回分引いてるんですよ(笑)」
店員「すみません〜、最後に5回引くの私なのでラストワン賞はお渡しできないんです〜」

理不尽な出来事に憤慨しTwittrへ投稿
本人たちはその店を離れて別の店へ

Twitterで拡散され話題になるとTSUTAYAから姉に電話がかかってくる
先ほどの店に電話番号を伝えていないのにかかってきた

問題のバイト店員と話してラストワン賞を譲るという趣旨の話をされる
郵送で送ってもらえるということで決着
引用サイト → ネイバーまとめ様

 

ラストを引いた人だけが手にすることができる「ラストワン賞」なのに、、、
この店員がどのような理屈で言ったのかは分かりませんが、破綻していますね。

 

 

どうすれば・・・

geralt / Pixabay

今紹介した2つの案件では 、買い占めたから発覚した問題であり、まだ十分な数が残っているくじを引いた場合では判断のしようがありません。

 

では、実際どうすればいいか?

それはやはり引く前に店員に聞くしかないでしょう。

・この商品はこの中にまだ残っていますか?
・これを全部引いたらラストワン賞をもらえますか?
・ この表に貼り忘れはないですか?

 

 

欲しい賞品を手に入れる方法

純粋にくじを楽しむという事とは離れてしまいますが、絶対欲しい賞品があるならば、効率的な方法を考えましょう。

 

 

むしろ買う

しょっぱなから超現実的な方法ですが、買います。

こういった商品は十中八九リサイクルショップやオークションで売っています。

何度も何度も引いて当たらない人もいますから、値段が分かっていれば逆に安く手に入りますね。

Mediamodifier / Pixabay

必勝法?

すいません、これをすれば確実に当たる!なんて方法はありません。

でもリサーチすることで確率は確実に上がります。

まず、事前にリサイクルショップやオークションでの価格を調査し、くじ何枚相当かを調べます。

 

その上で、自分の予算を決め、場所のリサーチに移ります。

多くのコンビニをチェックし、残りの少ない場所を探すことでが大切です。

ちなみに希望の賞品以外は売却するのもいいでしょう。

 

 

fancycrave1 / Pixabay

 

 

まとめ リサーチと事前確認が大切。

メーカー側は不正が行われないようあれこれ対策をしていますが、それを扱うのが人間である以上、間違いが起こる可能性はあります。

 

本当にうっかり忘れている場合もありますので、お互いのため、事前に確認をすることが大切です。

これからもドキドキするようなくじ引きが出来ることを楽しみにしていましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です